プリメーラ・ディビシオン (ウルグアイ)
2020-2021
順位 チーム 試合 得点
1 リベルプールFC 10 6 4 0 22
2 ナシオナル・モンテビデオ 10 5 5 0 20
3 Montevideo City Torque 9 5 3 1 18
4 CAペニャロール 10 4 5 1 17
5 CAリーベル・プレート 10 4 3 3 15
6 プラサ・コロニア 9 3 4 2 13
7 ワンダラーズFC 10 3 4 3 13
8 デフェンソール・スポルティング 9 2 5 2 11
9 CA プログレッソ 9 3 2 4 11
10 CAセロ 10 2 4 4 10
11 CA ボストン・リバー 9 3 1 5 10
12 デポルティーボ・マルドナド 9 2 4 3 10
13 CAフェニックス 9 1 6 2 9
14 ダヌービオFC 9 2 1 6 7
15 CA レンティスタス 9 1 3 5 6
16 セロ・ラルゴFC 9 1 2 6 5
Title Play-offs

プリメーラ・ディビシオン (ウルグアイ)

プリメーラ・ディビシオン (ウルグアイ)は2017シーズン以降は、トルネオ・アペルトゥーラ(前期)、トルネオ・インテルメディオ(中期)、トルネオ・クラウスーラ(後期)の3フェーズに分けてリーグ戦をおこなう。トルネオ・アペルトゥーラとトルネオ・クラウスーラは16クラブによる1回総当たり方式(15試合)で、トルネオ・インテルメディオは16クラブを2グループに分けた8クラブによる1回総当たり方式(7試合)である。計37試合の結果を年間順位表に集計し、上位4クラブがコパ・リベルタドーレスの出場権を、5位-8位の4クラブがコパ・スダメリカーナの出場権を獲得する。リーグチャンピオンは優勝決定プレーオフによって決定する。まず準決勝でトルネオ・アペルトゥーラの優勝クラブとトルネオ・クラウスーラの優勝クラブが対戦する。その勝者が、決勝で年間順位表で1位となったクラブと対戦する。なお同一クラブ同士の対戦となる場合は試合がおこなわれず、自動的に勝ち上がるシステムである。リーグチャンピオンは、トルネオ・インテルメディオの優勝クラブと翌年のスーペルコパ・ウルグアージャ(スーパーカップ)で対戦する。
全て見る