順位 チーム 試合 得点
1 京都サンガF.C. 19 12 5 2 41
2 ジュビロ磐田 19 13 2 4 41
3 アルビレックス新潟 19 12 4 3 40
4 FC琉球 19 11 4 4 37
5 V・ファーレン長崎 19 10 3 6 33
6 ヴァンフォーレ甲府 19 8 7 4 31
7 FC町田ゼルビア 19 9 4 6 31
8 モンテディオ山形 19 8 6 5 30
9 東京ヴェルディ 19 9 3 7 30
10 水戸ホーリーホック 19 8 1 10 25
11 ファジアーノ岡山 19 7 4 8 25
12 ツエーゲン金沢 19 7 4 8 25
13 ジェフユナイテッド千葉 19 6 6 7 24
14 ブラウブリッツ秋田 19 6 6 7 24
15 レノファ山口FC 19 5 6 8 21
16 栃木sc 19 4 8 7 20
17 松本山雅FC 19 4 7 8 19
18 愛媛FC 19 4 6 9 18
19 ザスパクサツ群馬 19 4 5 10 17
20 ギラヴァンツ北九州 19 4 5 10 17
21 大宮アルディージャ 19 2 7 10 13
22 SC相模原 19 2 5 12 11
Upgrade Team Degrade Team

J2リーグ

22チームによる2回戦総当りの1ステージ(通年制/各チーム42試合)の成績で順位を決定する。勝ち点は勝ち3点、引き分けは双方に1点、負け0点。最終的に勝ち点の多いチームが優勝。同点の場合、得失点差・総得点・直接対決成績・反則ポイント・決定戦の順で決める。なお、決定戦は主催者が特に必要とした場合に実施する。行わない場合は抽選で順位を決める。原則として、上位チームがJ1に昇格し、翌年はJ1所属となる(詳細は入れ替え制度の項目を参照)。2012年からは、上位2チームが自動で昇格し、残る1チームについては、J1昇格プレーオフを行って決める。2012年シーズンから下位チームとの間で日本フットボールリーグ (JFL) との昇降格が実施された。2014年シーズンからは昇降格の対象が同年に新設されたJ3リーグに変更された。今季、J2は降格制度が取り消すことを決める。
全てを見る