スコティッシュ・プレミアシップ
2020-2021
順位 チーム 試合 得点
1 レンジャーズFC 32 28 4 0 88
2 セルティックFC 31 20 7 4 67
3 ハイバーニアンFC 31 15 7 9 52
4 アバディーンFC 32 13 10 9 49
5 リヴィングストンFC 31 11 7 13 40
6 セント・ミレンFC 32 10 9 13 39
7 セント・ジョンストンFC 32 9 10 13 37
8 ダンディー・ユナイテッドFC 31 8 11 12 35
9 マザーウェルFC 32 9 8 15 35
10 ロス・カウンティFC 31 8 5 18 29
11 ハミルトン・アカデミカルFC 31 6 8 17 26
12 キルマーノックFC 32 7 4 21 25
UEFA CL play-offs UEFA ECL qualifying Relegation Play-offs Degrade Team

スコティッシュ・プレミアシップ

スコティッシュ・プレミアシップは12チームで構成され、3回戦制(各チームがメイン、アウェーの身分で他のチームと対戦する、各ラウンドごとに組み合わせ抽選を行い対戦カードを決定する。)を採用している。1試合当たりの勝ち点は勝者が3点、敗者が0点、引き分けの場合はそれぞれ1点ずつと計算され。3シーズン制終わりました、第1節から第33節までは3回総当たりで戦い、この段階で決定された順位によって「トップ6」(上位6クラブ)、「ボトム6」(下位6クラブ)の2グループに分割される。第34節以降は各グループ内で1回の総当たり戦を行い、全38試合の合計勝ち点で最終順位を決定する。分割前の33試合で獲得したポイントはそのまま持ち越されるが、トップ6とボトム6との間で順位が入れ替わることはない。そのため、7位のチームが6位のチームの勝ち点を上回ることも起こる。プの優勝クラブがプレミアシップへ昇格する。優勝クラブがプレミアシップへの参加基準を満たしていなければ昇格は出来ない。11位のクラブは、チャンピオンシップの2位-4位のクラブ間で行われるプレーオフ勝者との入れ替え戦に進み、勝者が次シーズンのプレミアシップに参加する。このプレーオフはSPFL発足時から開催されており、プレミアシップ/チャンピオンシップ間で最大2チームが昇降格する。このほか、スコティッシュカップ優勝チームにはUEFAヨーロッパリーグ予選2回戦の出場権が与えられる。カップ優勝チームが既に当該大会の出場権を得ていた場合、リーグ2位のチームが予選2回戦への出場権を獲得し、3位と4位のチームが予選1回戦の出場権を得る。
全て見る