セグンダ・ディビシオン
2020-2021
順位 チーム 試合 得点
1 RCDエスパニョール 37 23 8 6 77
2 RCDマヨルカ 37 21 8 8 71
3 アルメリア 37 18 9 10 63
4 CDレガネス 37 18 8 11 62
5 スポルティング・デ・ヒホン 37 15 13 9 58
6 ジローナFC 37 16 10 11 58
7 ラーヨ・バジェカーノ 37 16 9 12 57
8 SDポンフェラディーナ 37 14 11 12 53
9 CFフエンラブラダ 37 11 17 9 50
10 CDミランデス 37 13 10 14 49
11 ラス・パルマス 37 12 13 12 49
12 マラガCF 37 13 10 14 49
13 CDテネリフェ 37 12 11 14 47
14 レアル・オビエド 37 9 17 11 44
15 ADアルコルコン 37 11 9 17 42
16 CDカステリョン 37 11 8 18 41
17 レアル・サラゴサ 37 10 11 16 41
18 UD ログロニェス 37 10 11 16 41
19 CEサバデルFC 37 9 13 15 40
20 FCカルタヘナ 37 9 12 16 39
21 CDルーゴ 37 8 13 16 37
22 アルバセテ・バロンピエ 37 8 9 20 33
Upgrade Team Upgrade Play-offs Degrade Team

セグンダ・ディビシオン

セグンダ・ディビシオンは22チームで構成され、ダブルリーグ制(各チームがメイン、アウェーの身分で他のチームと2回対戦する)を採用している。1試合当たりの勝ち点は勝者が3点、敗者が0点、引き分けの場合はそれぞれ1点ずつと計算され、シーズン末には累積勝ち点の高さで順位を付け、勝ち点が同じ場合は得失点差や総ゴール数などで順位を区別する。チャンピオンズリーグの上位2チームがそのままラ・リーガに昇格し、残りの3位から6位までの4チームはホームとアウェーの2ラウンドトーナメント制の昇格プレーオフを行う、最終的なアップグレードチームは、ホームとアウェイのプレーオフを通じて決定されました。一方、リーグ最下位の3チームは丙級に降格する、丙級リーグの上位4チームがそのままセグンダ・ディビシオンに昇格し。ただし、同じクラブの2つのチームが同じリーグで競うことはできません。
全て見る