日本 VS タジキスタンの試合分析について

日本 VS タジキスタンの試合分析について

ワールドカップ・アジア予選-日本 VS タジキスタン
試合時間:2021年6月7日(月) 19:30
#試合情報#ライブスコア#最近対戦#勝敗予想#オッズ分析


日本:
有利情報
1.    参戦メンバーが全部ヨーロッパクラブに所属するので、整体実力は相当強い。
2.    現在まで6節の試合で全勝を達せして、合計勝ち点18で、ほぼ昇格は決まったので今試合は心理的に優勢が持ってる。
3.    6節の試合で合計37球を入れて、そして全部相手を完封して、攻防両方の表現も完璧ともいえる。
4.    過去3回タジキスタンとの対戦で全勝しながら相手を零封したので、優勢が持ってる。
5.    弱いチームに安定な強攻力が持ってる。最近のミャンマー戦とモンゴ戦も10-0tp14-0のいい戦績で収めた。
不利情報
1.本当のFWは大迫勇也と浅野拓磨だけで、二人の技術のスタイルは近いで、戦術は単一。

タジキスタン:
有利情報
1.    メンバーの中で3人が海外クラブの所属で整体実力は悪くない。
2.    FWジャリロフは国家代表チームで通算32試合出場で17球を入れて、個人の得点の能力が驚きほど強かった。    
3.    この間ずっと国際試合が参加して、プレイヤーの競技状態がずっと保ってる。
4.    直近連続4試合が前半戦で相手を零封して、ディフェンス陣はすぐ状態に入った。
5.    6節の試合の後で合計勝ち点10でグループの2位におり、昇格の希望がまだあるので、今試合の戦意も高い。
不利情報
1.強者と激戦の力は足りないで、最近の3年で世界ランキングが自分より大会チームと出会ったら勝ったことがない。

 

声明:本サイト内のあらゆる意見はサッカーファンと作家を表現だから、goaloojp.comとは関係がありません。全ての分析と予測はただの参考まで、もしミスや間違いのせいで、あなたの損失に致すなら、当サイトは責任を負いません。